エッセイ集

林邦史朗が研究し、書き残した体術(柔術)

柔術内容・筆記資料の有無収録商品
大東流合気柔術
(実践)
大東流合気柔術10本組手
大東流の柔術10本組手をそのままに、林はよく稽古に取り入れていました。
表技裏技、共に行います・
未収録
(実践)
竹内流柔術
(小具足・腰の廻り)
1.片膝付き9本
仕手、打ち手共に右手に短刀を持って始める柔術で、NHK大河「武蔵」(2003)の頃に良く取り上げていて、この技が林創始の「忍者体術」にも幾つか活かされている・未収録
2.立ち技13本組手
上記とは別に、立ち技で始まる稽古様式・未収録

関連記事

  1. 第58話 林邦史朗・芸能生活50周年記念公演~3月(2009年)…
  2. 忍者体術(林流殺陣)
  3. 第5話 配慮が足りない!(日本刀の斬れ味)~5月(2003年)
  4. 第4話 初めての剣術体験(甲源一刀流)~5月(2003年)
  5. 第57話 「名残」に向けて、GO!~1月(2009年)
  6. 第21話 「鎧」と「武道」のパフォーマンス☆~6月・前篇(200…
  7. 第51話 NHKハイビジョン「アインシュタインの眼」!~12月(…
  8. 第47話 「お富サン」の三味線~2月(2007年)
PAGE TOP