林流殺陣とは

体捌き(林流の全ての基本のステップ)

 体捌きとは、林邦史朗が編み出した「最低限の殺陣のステップ」の名称です。
 ・・・林流ではまず、バレエやダンスのように先にステップを学んでから、それに技を乗せて応用するのですが、これこそが林流の最大の特徴であり、これはどんな武術にも応用できます。

 そして得物が長物であろうと、無手(素手)の体術であろうとこのステップに変りはありません
 ぜひ、マスターして下さい。

 体捌きAは、相手の攻撃を避ける(交わす)ステップで、半身と入身に分かれます。
 同じ動作を、表技と裏技(右手が表で、左手が裏)併せての10タイプ構成です。

 体捌きBは、「体捌きAに回転を加えたステップ」で、相手と立ち位置が入れ替わるステップになります。
 半身バージョンなら2歩入身でなら3歩を踏んで行います。

 そして体捌きCは、重心の移動(Aとは別の意味で、相手の攻撃を避けるステップで、これは左右併せて10タイプです。

※詳しくは、こちら!

 これを全て会得すると、無駄足を踏むことなく、スムーズに移動が出来るようになります。

関連記事

  1. ヌンチャク、釵、鎌、トンファー、鉄甲、万力鎖(林流殺陣)
  2. 特殊武器(小物)
  3. 林邦史朗創始の殺陣とは?
  4. 刀法・実践
  5. 刀法・基本
  6. 1.稽古参加・心得の条
  7. 殺陣事業の歴史
  8. 忍者体術(林流殺陣)
PAGE TOP