林が研究した剣術・柔術などの目録

柔術(林流殺陣)

 柔術とは「生死を含む武術」を指し、やわら(又は体術)などと呼ばれる、戦場における組み打ちの技の総称です。

 戦国時代から徳川にかけて出来上がったとされていますが、竹内(たけのうち)流では、短刀(長さ30センチ以下の刀を指す)を想定した体術の事を小具足(又は腰の廻りの術とも)呼びます。

 普通は小具足と言うと、鎧や兜を着けず、小手や臑を着けただけの装備の事を言いますが、得物は手の延長に持つ物で、そのベースには全て体術があります。
 林は、1990年代にはすでに柔術の流派の一つである「大東流合気柔術」を稽古に取り入れて行っていました。

※詳しくは、こちら!

 これらの柔術は、今も伝えられているその技林が創始の殺陣のステップ「体捌きABC」を基に纏められています。

関連記事

  1. 1.稽古参加・心得の条
  2. ヌンチャク、釵、鎌、トンファー、鉄甲、万力鎖(林流殺陣)
  3. 林邦史朗創始の真剣刀法とは?
  4. 林邦史朗創始の殺陣とは?
  5. 現代劇・基本
  6. 体捌き(林流の全ての基本のステップ)
  7. その他の資料
  8. 刀に携わる所作
PAGE TOP